高画質なフォトブック ベスト3

投稿日:2017年9月8日 更新日:

フォトレボ

フォトブックで
「とにかく高画質にこだわりたい」
という人のために、今まで作ったフォトブックの中から高画質だったフォトブックを紹介します。

1位 「フォトレボ」

フォトレボ
白い花。
こういう被写体って印刷の良し悪しが明確にわかってしまうんですよね。
写真でこの高画質が伝わりますでしょうか。

白のトーンが微妙なところまでよく再現されています。


赤もきれいな諧調を出すのはけっこう難しいんです。
このフォトブックはどの色もきちんとした色ですばらしいトーンで印刷してくれます。

この「フォトレボ」の売りは「高品質印刷」なんですが、そんなようなことはどこのフォトブックでも宣伝していることなので、発注するときは特に気にしていませんでした。

でもいざ商品が届いてみると、その高画質に驚きました。
今まで体験したことのないレベルの画質の良さ!

実は高画質の理由はCanonの「ドリームラボ 5000」という印刷機を使用していることにあります。
「高性能業務用インクジェットプリンター」というところでしょうか。
これがまたびっくりするくらいの良い絵を出すんです。

フォトレボ

暗部の微妙なところもつぶれずに表現されています。
インクジェットというとあまりピンとこない方も多いかと思いますが、今のインクジェットプリンターの高画質さは目を見張るものがあります。

どうしてもイメージがわかない人は画質の程度を確認する方法があります。

ちょっと大きい家電店の売り場に行くと必ずプリンターの印刷見本が置いてありますので、少し高性能の写真画質の良い機種の見本を見てきてください。
おそらくあまりの高画質にびっくりすることと思います。

このフォトブックはそれと同程度の画質だと考えてもらえれば近いイメージでしょう。

フォトレボ
この輪郭のきっちりとした詳細感がすばらしい。
かっちり、くっきりさに加えて写真一枚一枚の色見のよさが素晴らしいんですね。

「ドリームラボ」は写真一枚一枚を自動認識して、最適な明るさ・色見になるように補正して印刷するらしいです。

まあ他社の印刷機も多かれ少なかれそのような工程はあるんでしょうけど、ここまでの画質・色見の良さは衝撃的でした。

ただ、少し描写がかたい感じがするんですよね。まあここらへんは好みの問題なんですけど。

フォトレボ
やわらかいところはきちんとやわらかく出ます。
固い質感のものはピシっと固く描写できますし。いいですね。

フォトレボ
表紙はドリームラボの印刷ではないそうです。
でも写真の質はかなりいい感じ。

光沢なしの写真は上品な雰囲気がして好きです。
ドリームラボじゃなくても十分な品質かと。

「フォトレボ」の弱点

画質は良いんですが、コントラストがちょっと高い(色の濃淡が極端)です。

人物などもカチカチな感じになります。
これは好みなのでなんとも言えないですが。

あとこれは弱点ではないのですが、紙が薄く感じます。
裏写りなんてありませんが他社と比べると薄いほうです。これも比べなければわからないとは思いますけど。

テンプレートや背景などのデザイン面はちょっと弱く、デザイン的に凝ったものを作るのには向きません。
編集ソフトも作成する動作は問題ありませんが、少しチープ感があります。

まとめ

製本などのほかの部分も十分な品質があります。

価格もわりと安めなので作成しやすいフォトブックです。

<公式サイト>
フォトレボ

2位 ビスタプリント「フルフラット」フォトブック

フルフラット
ここの写真は「カッチリとしていて色が鮮やか」な感じがします。

人物の写真に向いている画質です。

明るくクッキリ

フルフラットフォトブック
人物写真だと健康的な雰囲気に仕上がります。
色味、明るさともに、けっこう明るめな印象の画質。

フルフラットフォトブック
シャープ感は十分にあり、印刷のもさっとした感じはありません。
フォトブックのなかでは上位に来る画質です。

重厚な製本


ここは本の作りが「合紙製本」というワンランク上の作りでとても高級感があります。
画質最優先の人にも目を向けてほしいポイントなんです。
「耐久性がいい」とか「多人数で見やすい」などの良い面があります。

「画質だけではなく本にも豪華にしたいな」という人にはいい商品だと思います。
製本が良いと写真もよく見えてくるもんなんですよ、ほんと。

「フルフラットフォトブック」の弱点

ここもデザイン背景などは今一つで、デザイン的なものを求める人には向きません。
サイトもちょっとなんというか、さみしいです。

まとめ

「フルフラットフォトブック」画質もなかなかですし、画質以外にも魅力のあるフォトブックです。

3位 Mybook


きっちりした描写、色見も安定していてフォトブックの中では確実に上位の実力があります。


本文の表面加工を「ニス(半光沢)・光沢・つや消し(無光沢)」の3つの中から選ぶことができます。

直接的に画質に影響をあたえるものではありませんが、写真から感じるものはかなり違ってくるんです。

個人的な感覚でしかありませんが、わたしは光沢が写真の輪郭が一番くっきりして見えます。


コレ、光沢仕上げです。
光沢はクッキリした感じに仕上がるんです。


これは無光沢。
やわらかく優しい感じになりますよ。

あまりにもクッキリ・カッチリとした仕上がりではなくて、これくらい柔らかさも残したトーンのほうが好きな人も多いかもしれません。
見かたによっては「ちょうど良い」感じです。

サイト・商品展開やテンプレートの種類、編集ソフトの使いやすさなど、画質以外のところもイイです。

Mybookの弱点

21cm以上のサイズになると価格が少しお高く感じます。

まとめ

ここは1冊まるごとのデザインテンプレートの種類が豊富なところが特徴です。

デザイン面が優れているところが目立つ商品ですが、表面加工の選択など写真にも力を入れていて、写真も標準以上で満足感の高い画質だと思います。

「画質が良い」の基準

銀塩と印刷

写真は銀塩(昔ながらの印画紙を使う写真)方式のものが画質がよいとされてきましたが、今では印刷やインクジェットプリンターの画質もそうとう良くなりましたので、くらべてみても銀塩のほうが圧倒的というわけではありません。

銀塩写真は発色や諧調が独特のものがあります。
また印画紙を使うという工程から、サイズやデザインなどの面であまり商品の種類に幅がありません。

印刷と銀塩のフォトブックは画質の差どうこうというより、カテゴリーの違う商品なんです。
なので、銀塩のフォトブックはここで紹介した印刷のフォトブックとはわけて紹介しています。
「銀塩」フォトブックおすすめベスト3

「画質の良さ」とは

フォトブックでの画質の良さとはどういうふうに判断したらよいでしょうか。
厳密に判断するのなら、同じ写真をならべて比較して優劣を決めなければホントのところはわからないでしょう。

ひとつ言えることは現時点では「ドリームラボ」などのインクジェットの出力する写真は、印刷より一段階レベルが高いです。
画質最優先で検討している人は、単純にドリームラボ使用のフォトブックにすれば満足できると思います。

それはともかく、じゃあ「画質が悪い」というのはどういうものか。
というのも「他と比較して良い」というのはそうとう目が肥えている人でなくては一目ではわかりませんが、「なんだこれは!」という不満は誰でも感じられるものだからです。

写真をパッと見て誰でも感じる不満その1「色味が悪い」
具体的には「青っぽい」「暗い」など。
人物の写真などを見れば一目瞭然なんですが、肌の色が不健康に見えたり、天気が悪そうな雰囲気の写真になってしまっています。

こういう色味のフォトブックだと、開いた瞬間にウ~ンとうなってしまうくらい残念な気持ちになります。
いくら製本や価格などほかの要素がよかったとしても!

ふつうは「暖色系」という多少赤っぽい色味のほうが好みに感じる人が多いです。
風景なんかだとニュートラルな発色が良いでしょうけども。

これは機械の設定によりますので、価格に関係なく良いのと悪いのが存在します。

写真をパッと見て誰でも感じる不満その2「モヤっとしている」
輪郭がピシっとしていなくてどうもピンぼけみたいな感じになっている・・・。
レベルの低い印刷にありがちなことです。

「カッチリ」した描写になっていないんですよね。
インクジェットや銀塩だとここらへんのことはある程度一定しているものですが、印刷だと印刷機によってけっこう画質に差があります。

個人的にはこういうのは全然ダメです。もういくら安くても欲しくないですねモヤモヤしたのは。

基本的にはある程度の価格のものにはモヤモヤ品質はありません。
だからといって激安商品だとみんな悪いということもないですが、やはり一部の安い商品には低品質のものがありますね。

感覚的には千円以上のものを買っておけば問題ないかと思います。

まとめ「失敗しない商品選び

画質に関してダラダラと書いちゃいましたけどいかがでしたでしょうか?

「輪郭がぴっちりしている」
「色味が良好」

この2つがちゃんとしている商品を手にしたならばほとんどの人が「オオッ!」と満足の声を出すでしょう。

結局、好みの問題でしかないと言えばそれまでなんですが、上で紹介した3つのフォトブックの中から選んでもらえれば「失敗した~」というのはまずないと思いますヨ。

-おすすめフォトブックランキング, フォトブック比較おすすめ
-

Copyright© ふぉとあそ , 2018 All Rights Reserved.