フォトブックレビュー

マイブック ハードカバー横型「180Y」購入レビュー!


マイブックのハードカバータイプの横型「180Y」を購入したのでレビューします。

スペック

表紙今回の仕様は、
『MyBookART ハード「180Y」10ページ(本文ラミつや消し)』

外寸は「186 x 263mm」で、A4サイズよりちょいと小さいくらい。
(A4サイズ 297 × 210mm)
ボールペンとの比較では小さく感じますが、実際にもってみるとけっこう大きく感じます。

「ハードカバータイプ」では、本文の表面仕上げを「ニス」「ラミ光沢」「ラミつや消し」の3つの中から選択することができます。
今回は「ラミつや消し」でいってみました。

<公式サイト>
オリジナル写真集ならMyBook

レイアウト

最初最初のページの前に透かしの紙が入っています。
高級感ありますね。

一ページ目今回はバラです。
まあちょっとガラにもないですけど・・。
横型には人物以外のものが良いんじゃないかということで試してみました。

レイアウトこんな感じで、基本一ページ一枚です。
この「180Y」だと、テンプレートが3種類しか用意されていません。
少しさみしいです。

その3つのなかで気にいるものがないと、テンプレート以外で作成することになります。
バラ向きなやつはちょっとなかったので、いさぎよく白地に写真をド~ンと配置でいきました。

たまにはマイブックでもこういうのも良いでしょう!
・・というか自分でデザインしようと思っても、まったくできませんので・・。

レイアウトこんな感じで縦位置二枚もできます。

レイアウトまあとにかく「写真がデカイ!」ですハイ。

スクエアタイプでデザインされたページの中の写真と比べたら、圧倒的に写真サイズ大きくなります。
写真重視な人にはおすすめかも。

レイアウトまあなんというかバラでございます。おじさんの写真趣味ブログみたいになってきたな・・。

レイアウト同じ一ページ一枚でも、このように「枠なし」か前のページのように「枠あり」かを選べます。
枠なしのほうが写真は大きくなりますが、自分的には「枠あり」のほうが作品ぽくなって好きです。

レイアウトでも枠なしのほうが迫力はでるかもしれない。

レイアウト最後のページです。

本の作り

表紙今まで何度も言ってきましたが、マイブックの表紙は光沢で高級感があってすばらしいです。
写真でわかりますかねこの光沢ぐあいが。ホントに表紙は大事です。人間で言えば「顔」ですからね。

表紙厚みもあって頑丈です。おりまがることなんてまずないです。

綴じ方ふつうの「無線綴じ」です。問題なく見やすいです。

本の作り10ページだとこんな感じ。本の作りは重みがあり高級感あります。

タイトル背表紙のタイトルは超重要です。タイトル入ってないと、表紙み見ないとなんの本だかわからないですからね。
マイブックは「縦表示フォント」があるのでたすかります。

裏表紙今回は裏表紙にはなにも入れませんでした。こういう題材で裏に写真なんか入れるとおかしい気がして。

画質(写真品質)

画質写真の品質はとてもよく、問題ないです。

画質この「ラミつや消し」は「ラミ光沢」に比べると、少しコントラストが低く感じると思います。

画質言葉を変えて言うと、明るさと暗さのメリハリが抑えめって感じ。「やわらかいトーン」という雰囲気かな・・。

梱包・配送

梱包例によって「頑丈おしゃれな青い箱」できましたよ!
「箱」大事です。あける前からテンション上がりますので。
「そんなのどうでもいい」っていう人いるかと思いますが、無地の紙袋で来たらやはりテンション下がりますよ、ハイ。

梱包開けたらこんな感じで収納されています。

マイブック ハードカバー横型「180Y」まとめ

テンプレートの少なさが気にならなければ、この価格でこんな豪華なものが出来るとはコストパフォーマンスは抜群です。
写真で勝負するフォトブックを作りたい人におすすめ。

横位置の写真が大きく配置できる
テンプレートは少なめ
表紙、タイトルなどの本の作りは素晴らしい

<公式サイト>
オリジナル写真集ならMyBook

<さらにくわしく>
「マイブック」のレビュー

あわせて読みたい
【PCで本格派】格安で高画質なフォトブックおすすめ3つ!デザインでのおすすめも! パソコンから発注するフォトブックは、一眼レフなどを使っているクオリティの高い写真が多くなりますので、写真にふさわしい本格的なフォ...