フォトレボ「ソフトカバー A4Hパノラマ」レビュー・口コミ評判も良好!

投稿日:2017年5月17日 更新日:


「フォトレボ」のソフトカバー「A4Hパノラマ」を制作したのでレビューします。

スペック

A4Hパノラマ(ソフトカバー)
商品サイズ 200mm×268mm
16ページから

横26cmなので、手にとるとけっこう大きさを感じます。
今回は基本設定の16ページで制作。
8~100ページに変更可能です。

ではさっそくレビューに。

本の作り

このくらいのサイズになると、大きく配置する写真はきっちり撮れているものを使いたいです。

ぶれているものなんか使うと目立ちますので。

デフォで半透明なプラカバーつき。
何気にあると超うれしいです。

表紙も光沢感あります。
ちなみにソフトカバーは表紙も「DreamLabo5000」での印刷。

表紙は本文よりは厚いですが、まあ薄いです。
ちょっとコシのある紙、と言ったところ。

オーソドックスな、「ソフトカバー・無線綴じ」です。

裏表紙。

開くとこんな感じ。
配置をいっぱいにすると、中央部はちょっと見にくくなります。

この写真はちょっと極端ですけど、ソフトカバーは見終わるとこんな感じになります。

閉じたままにしておけば、平らにもどりますけど。

本文・デザイン

最初のページ。

横位置の写真が配置しやすいです。

細かいレイアウト。

レイアウトはすべてテンプレを使っています。

こういうシンプルな配置もいいかも。

最後のページ。

横いっぱいに配置すると、写真はけっこう大きく感じますよ~。

写真画質

キャノンの「DreamLabo5000」を使用した画質は定評どおりすばらしいっす。

サイズが大きくなっても粗はまったく出てこなく、よりいっそう良さが目立ちます。

梱包・配送

梱包はこんな感じ。

注文から3営業日で出荷されるという、おどろきの早さ。

まとめ

今回は、フォトレボの「ソフトカバー A4Hパノラマ」をレビューしました。
いかがでしたか?

やはりドリームラボの画質の良さを再確認しました。
A4に近いサイズなので、写真が大きくできてたのしいです。

ハードカバーとの価格差があまりないので、A4Hパノラマのサイズにこだわりがなければ、ハードカバーをおすすめします。

<公式サイト>
フォトレボ

<参考記事>
「フォトレボ」のレビュー・長所短所を解説!

-フォトブック比較おすすめ
-

Copyright© ふぉとあそ , 2018 All Rights Reserved.