おすすめフォトブックランキング

卒園式の「卒園アルバム」におすすめのフォトブックランキング

mybook卒園
もうそろそろ保育園、幼稚園の卒園のシーズンです。
楽しかったことやつらかったこと。子供たちにもいろいろな思い出が残っているでしょう。

やはり卒園の記念としてアルバムは残しておきたいものです。
保育園・幼稚園の場合は予算の都合上、小中学校とは違い、保護者で担当を決めて自主制作するケースが多いです。

印刷業者に依頼したり、手作りするなどいろいろな手段が考えられますが、フォトブックでなら簡単に低予算で見栄えのする製本を制作することができ、おすすめの方法です。

私が個人的におすすめする、卒園アルバムに適した3つのフォトブックを紹介します。
卒園アルバム制作で、口コミや評判もよいフォトブックです。

1位「Mybook(マイブック)」

mybookには、卒園・卒業アルバム用のテンプレートが用意されています。
卒園テンプレートは、小規模園用と大規模園用の2種類があります。

「縦長サイズ」でのみ、テンプレートが用意されていいて、ソフトカバーとハードカバーの両方に対応しています。

テンプレート


小規模用・大規模用共に、クラスごとに児童を一人ずつ紹介するページと、運動会やイモ掘り卒園式などの行事のページと、先生を紹介するページの3つにわかれています。

卒園用にデザインされたテンプレートですので、写真と文章を入れるだけでも見栄えのするデザインになります。
ただ、テンプレートでは児童の人数があらかじめ決まっていますので、人数合わせでデザインの調整が必要です。


大規模園用は、30ページで児童が一クラス28人の2クラス。
小規模園用は、20ページで1クラスのみで児童12人。
児童の人数をどううまくあてはめるかが、重要なポイントです。

私も試しにやってみたけど、ちょと手間がかかる印象です。

自作デザイン

公式サイトでは、テンプレートを使わないで卒園アルバムを制作する方法も推奨されています。

Mybookでは、多くのイラスト素材が用意されているので、始めての人でも簡単にオシャレなデザインのフォトブックを作成することができます。

デザインから自作するのは面倒な気がしますが、作成ソフトも使いやすく考えているより簡単にオリジナルデザインのフォトブックを作ることが出来ます。

テンプレート・自作デザイン、どちらにしろソフトをダウンロードしてデザインすることは無料でできますので、一度確かめてみると良いでしょう。

商品


やはり記念のアルバムですのでハードカバータイプだとして、このテンプレートがある縦長タイプでは次の3種類のサイズになります。
ページ数は、20か30ページになるでしょう。

・290T 297×210mm 20ページ 7,020円 30ページ 7,776円(税込)
・263T 268×186mm 20ページ 4,752円 30ページ 5,616円(税込)
・200T 210×148mm 20ページ 3,456円 30ページ 4,104円(税込)

(A4サイズは297×210mm B5サイズは257×182mm)

おすすめな理由


フォトブックの商品自体の品質が高いのはもちろんですが、mybookはサイトから顧客対応から梱包発送まで、まったく隙のない対応をしてくれます。

数あるフォトブックの中で、mybookにせまる品質や価格のものが中にはあるかもしれません。
しかし、フォトブック制作を発注から受け取りまでのトータルでの「体験」というふうにとらえれば、今のところmybookを越えるフォトブックには出会ったことがありません。

<公式サイト>
オリジナル写真集ならMyBook

<関連記事>
フォトブック「Mybook」ハードカバータイプ 購入レビュー!

フォトブック「Mybook」検討中の方必見!「長所と短所」すべてがわかる!

2位「cocoal(ココアル)」

cocoal

テンプレート

「卒業アルバム専用テンプレート」が用意されています。
卒園用にも十分に流用が可能です。

でもmybookほど作り込まれたテンプレートではないため、細部は自分でつめる必要があります。

商品

cocoalの商品展開は2種類だけになります。
・「ワイド」タテ21×ヨコ28cm 3,888円 (税込)
・「スクエア」タテ21×ヨコ21cm 3,065円(税込)

卒業テンプレートが用意されているのは「ワイド」のみです。
mybookの同等品の「200Y(210mmx297mm)は、7,020円(税込)になりますので、これくらいのサイズで制作する場合は、かなりお得になります。

ただ個人的には、表紙の質感や写真の色見はあまり好みではありません。

おすすめな理由

卒園・卒業アルバムを制作できることを宣伝文句にしていても、実際に専用テンプレートを用意しているところはそうはありません。

1からデザインしていくのはかなりの手間がかかりますので、できるならばテンプレートを利用したいところです。
前述したように、大きめのサイズで制作するときは価格面で必ず候補に入ってくるフォトブックです。

<関連記事>
フォトブック「ココアル」を徹底紹介!購入レビューあり!

<公式サイト>
cocoal(ココアル)

3位「フジフイルム」

fuji卒園

フジフイルムのフォトブックでも大々的に卒園アルバムの宣伝をしています。

デザイン

フジフイルムでは卒園用のテンプレートというのはないのですが、いろいろな素材を組み合わせて簡単にかわいいアルバムが作成できるようになっています。
ソフトも使いやすく快調です。

写真仕上げ

フジフイルムでは、印画紙調の紙を使用して作る写真のような高画質のフォトブックがあります。
多少価格は上がりますが、それだけの価値がある高画質です。

フジフイルムには「印刷仕上げ」もありますが、同じカバー・サイズでも「写真仕上げ」に比べて割高で、あまりおすすめ出来ません。
私だったらフジフイルムでは「写真仕上げ」一択です。

商品サイズ

24か32ページが妥当でしょう。
写真仕上げでは、「205×145mm」より大きいサイズがないので、そこは残念です。

大きいサイズで制作する場合は、mybookとcocoalを検討しましょう。

「ハードカバー写真仕上げ」
・205×145mm
24ページ 3,805円(税込)
32ページ 4,545円(税込)

・185×185mm
24ページ 4,690円(税込)
32ページ 5,595円(税込)

おすすめな理由

やはり大手企業の安心感。
「写真仕上げ」の画質は素晴らしいです。

でも卒園用のテンプレートがないので、1からのデザインはかなりの手間を覚悟してください。

<関連記事>
フジフイルム フォトブック「ハードカバー(写真仕上げ)」のすべてがわかる購入レビュー!

フジフイルムのフォトブックのすべてがわかる!

4位「撮るだけフォトブック」

撮るだけフォトブック
商品は、ハードカバーからソフトカバーまで一通りそろっています。

価格も手ごろなので、卒園アルバムにもおすすめです。

<関連記事>
「撮るだけフォトブック」A5バーチカル購入レビュー!口コミ評判も良好!

あわせて読みたい
【PCで本格派】格安で高画質なフォトブックおすすめ3つ!デザインでのおすすめも! パソコンから発注するフォトブックは、一眼レフなどを使っているクオリティの高い写真が多くなりますので、写真にふさわしい本格的なフォ...