フォトブック選びのコツ

スマホフォトブックの料金の3形態

スマホのフォトアルバムには数多くの商品があり、料金の計算方法もサービスによってちがいます。

大きくわけると3つの料金形態があります。

どれも一長一短がありますのでかんたんに説明します。

ノーマルタイプ


「一冊ごとの料金」+「送料」を支払うかたち。

ごくふつうに商品を買うときの方法です。

ふぉとパパ
一つの月に2冊以上買うときには、このタイプが一番安くなるよ。
ふう~ん・・・
ネコ美さん
<ノーマルタイプ商品>
しまうまプリント
ネットプリントジャパン
サラ

月定額タイプ

一ヵ月に定額の料金を支払い、毎月一冊は無料でもらえるかたち。

月に一冊も作らないと損しちゃうの?
ネコ美さん
ふぉとパパ
何冊かまでは翌月に繰り越せるよ!
でも定期的にたくさん作る人向きだね。
<月定額タイプ商品>
ドコモ
プリミィ

本無料タイプ

月に本が一冊無料になる。
ただ、送料はかかる。

定額制とは違い、作成しなければ料金はかからない。

すごい!送料だけでもらえるの!?
ネコ美さん
ふぉとパパ
まあわかりやすく言うと、「月一冊まで安い価格(送料)で買える」ってことだね。
お得ね~!でも一冊まで?
ネコ美さん
ふぉとパパ
そう。二冊目の追加料金は高いからそんときはお得感ないよ。
<本無料タイプ>
ノハナ

まとめ

今回はスマホのフォトブックの3つの料金形態について説明しました。

ノーマルタイプは、「本+送料」のふつうの料金計算。
いつ何冊発注しても料金に影響がないので、料金を気にせず自分のペースで作成できます。

月定額は、ある程度の冊数が持ち越せるとはいえ、毎月料金がかかるので最低でも月に一冊以上は作る人向けです。

本無料タイプは、月に一冊までの価格ではかなり安くなるのでお得です。

【PCで本格派】格安で高画質なフォトブックおすすめ3つ!デザインでのおすすめも! パソコンから発注するフォトブックは、一眼レフなどを使っているクオリティの高い写真が多くなりますので、写真にふさわしい本格的なフォ...