スマホでフォトブック

7年使用【TOLOT】正直レビュー!クーポン・ライバル比較も・トロット

TOLOT(トロット)フォトブック
TOLOT(トロット)」のフォトブックを作成したのでレビューします。

TOLOT(トロット)」のフォトブックはなんとワンコイン500円(送料・消費税込)で作れるフォトブック!

配送料も税金もぜ~んぶ込みで「500円」ですからね。これはなかなかお買い得。

実際に購入してみた感想は、

  • 商品の質がよい
  • 発注がしやすい
  • 表紙デザインの種類が多い

と、なかなかの好印象でした。

とは言っても、今までに何度も作ったことあるんですけどね。
だから、「TOLOT(トロット)」についてはそこそこ知っているつもり。

今回はメリットからデメリットまで本音でレビューしていくので、購入するかどうか検討している方は参考にしてください。(紹介コード・クーポンも掲載)

この商品はスマホ(iphone / Android)パソコン(Windows / Mac)対応です。

★ご注意!
「TOLOT」のフォトブックの製造工場は、2021年10月4日に移転されるそうです。

それにともない印刷機を変更し、品質の向上が行われます。このレビューは変更前の製品ですのでその点ご注意ください。

新製品に変更後に商品が届き次第、レビューは刷新されます。

TOLOT(トロット)の概要

TOLOT(トロット)フォトブック口コミ

TOLOT(トロット)」はフォトブックだけではなく、「毎月カレンダー・卓上カレンダー」や、名刺代わりに使えるQRコードつき写真プリント「TOLOT I.D(トロットアイディー)、ポストカードなど複数の写真関連商品を展開しているサービスです。

TOLOT(トロット)」のフォトブックがいつから販売されているか調べてもわからなかったけれど、私が初めて作成したのが2014年なので最低でも7年近く販売している商品ということになります。

当時は「自分で作れるフォトブック(写真アルバム)」というサービスがまだ少なくて、「TOLOT(トロット)」のフォトブックは「印刷・製本が自動化されて価格が500円」ということでは話題になっていたような記憶がある。

細かいこともがっつりレビューしていきますが、「TOLOT(トロット)」のフォトブックについて最低限知っておいて欲しい情報は以下の3つです。

  • スマホアプリ・パソコンから作れる
  • 500円と1,000円の商品がある
  • 写真印刷枚数は22枚と62枚

後は一応、商品の概要を少し紹介します。
早くレビューを見たい人はサッと飛ばしちゃってください。

商品名
TOLOT(トロット)
販売会社名
株式会社TOLOT
販売会社住所
東京都江東区東雲二丁目9番13号
商品サイズ
・A6文庫本 148×105mm
・B6 182×128mm
ページ数
・A6 64ページ(写真印刷本文62ページ)
・B6 24ページ(写真印刷本文22ページ)
・B6 64ページ(写真印刷本文62ページ)
価格
・A6(64ページ)500円(税込)
・B6(24ページ)500円(税込)
・B6(64ページ) 1,000円(税込)
送料
無し
納期
2〜3週間程
印刷方法
最先端デジタル印刷機「HP indigo 7500」
製本方法
ソフトカバー・無線綴じ(包み製本)
デザイン表紙
有り
デザイン本文
無し
1Pに配置できる画像の数
1枚
支払い方法・決済方法
・クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners)
・auかんたん決済
・d払い(ドコモ)dポイントOK
・ソフトバンクまとめて支払い
・ワイモバイルまとめて支払い
・LINE Pay
・楽天ペイ
公式サイト

TOLOT

スマホ版フォトブック【22社を比較】おすすめはコレ!正直レビュー!私は趣味で7年ほどフォトブックをたくさん作ってきました。 今回は「スマホから直接つくれるフォトブック」の中で、特に優れたおすすめの...

TOLOT(トロット)のサイズ

TOLOT(トロット)フォトブック評判

フォトブックは写真を見るためのものなので、サイズはとても重要な要素です。

TOLOT(トロット)」のフォトブックのサイズ展開は、

  • A6文庫本 148×105mm
  • B6 182×128mm

の2種類。
サイズ感は写真に写っているのボールペンとの比較で掴んでください。

コンパクトな「A6サイズ」

TOLOT(トロット)フォトブックレビュー

「A6」は文庫本でおなじみのサイズ(148×105mm)。

写真を見る本としては「A6」よりも小さくなると、ちょっと写真が見にくくなってきついかな、というギリギリの絶妙なサイズ感。

このサイズの本はとてもかわいい雰囲気がして、持ち運びもしやすいのが長所です。

TOLOT(トロット)」の文庫本サイズは「64ページ(写真62ページ)」の固定になっていて、ページ数を増やしたり減らしたりはできません。

写真が見やすい「B6」

TOLOT(トロット)フォトブック購入

「B6サイズ(128×182mm)」は、「ヤングマガジン」とか「ヤングジャンプ」などの青年漫画誌の単行本が採用している大きさです。

このサイズは文庫本より一回り大きくなりますので、写真も見やすくなり印象もワンランク上な感じになります。

でも決して大きすぎるということはなく、意外と扱いやすいサイズです。

TOLOT(トロット)」の「B6サイズ」は、

  • 24ページ(写真印刷22ページ)500円
  • 64ページ(写真印刷62ページ)1,000円

のどちらかを選択可能。
注意点としては、「24ページ」は背表紙にタイトルを入れることができません。

その他はページ数が違うだけで、まったく同じ仕様となっています。

サイズのまとめ

TOLOT(トロット)」フォトブックの基本はやはり「A6サイズ」でしょう。そして、少し良いモノが作りたくなったときには「B6サイズ」。

「文庫本」と「B6サイズ」の2つのラインナップというのは、コンパクトなフォトブックを作成するサービスとしては、バランスがとれていて非常に良いんじゃないでしょうか。

スマホ【ネットプリント】アプリ23種類を全部試して比較!おすすめはコレだ!口コミ評判も! スマホから「23種類のネットプリント」を注文して比較検討してみました。 数多くあるサービスの中から「いったいどれが品質が良...

TOLOT(トロット)の画質・印刷

印刷機はヒューレット・パッカード社製

TOLOT(トロット)」のフォトブックは「HP indigo 7500」という印刷機が使われています。

「日本ヒューレット・パッカード」社製で、「HP Indigo デジタル印刷機」の最上位モデルの位置付けになるそう。製本は別工程になっているようです。

HP indigo 7500」は

  • 印刷解像度は2,438×2,438dpi(高解像度モード)
  • 価格は8,400万円

ということです…。正直印刷に関してはくわしいことは分からんですけど、おそらく高画質が期待できる印刷環境かと思われます。

では実際に商品の印刷を見ていきましょう。

印刷品質の印象

TOLOT(トロット)スマホ

TOLOT(トロット)」のフォトブックの印刷をパッと見た感想としては、「なかなか良いじゃない!?」という感じ。

画質というのは数値化できるものではないので感覚の話になってしまうけど、「TOLOT(トロット)」のフォトブックの印刷に関してはけっこう好印象ですね、自分は。

線もボヤっとした感じは全然なくほどよくシャープだし、色もニュートラルな再現で気に入りました。

印刷を評価するときは価格を考慮すべき

TOLOT(トロット)印刷
紙の表面には光沢とまでは言えないけれど少しツヤがあって、とても良い雰囲気です。良く見ればざらつきを多少感じますが、他と比べずにこの印刷だけ見て不満がある人はあんまりいないと思う。

ここで注意して欲しいのはこの感想は「500円でできるフォトブックの印刷品質としてのもの」だということ。

「印画紙を使った写真プリント」や「数千円もするフォトブック」の印刷とくらべたら、そういうものには及ばないです。

「安価なフォトブックの印刷を酷評している口コミ」がまれにありますが、安い商品に過大な期待をしてしまっている場合にそういう評価になるのかと。

やはり「500円で手に入る商品」という前提を持って画質を評価しなればならないでしょう。

私としては「TOLOT(トロット)」のフォトブックの印刷品質は、この価格の商品としては十分に高画質で満足できるものです。

感覚の話になってしまうので人により評価は違うでしょうけど、「安いから印刷も良くない」という印象はほぼ受けない印刷品質かと。

公式サイト

TOLOT

スマホ版フォトブック【22社を比較】おすすめはコレ!正直レビュー!私は趣味で7年ほどフォトブックをたくさん作ってきました。 今回は「スマホから直接つくれるフォトブック」の中で、特に優れたおすすめの...

TOLOT(トロット)の製本

質感が良い

フォトブックは製本も大切です。さすがに現在の日本で粗悪な製本の商品などは有りえませんが、本の厚みや表紙の素材などの違いで本から受ける印象はかなり違うもの。

TOLOT(トロット)」のフォトブックの「64ページ」は、この価格帯のフォトブックとしては厚みのある商品です。

本はページ数が少なくて薄い商品だと、どうしても全体にコシがなくてヘナヘナとした感じになってしまいます。

その点、「TOLOT(トロット)」の64ページのようにページ数が多くて厚みのある本は、全体の質感がしっかりとしていて物としての印象が良いです。

製本方式

TOLOT(トロット)製本

製本は背の部分でノリ付けする「無線綴じ」。
広く使われている一般的な方式です。

ソフトカバーの表紙

TOLOT(トロット)表紙

表紙はいわゆる「ソフトカバー」で、本文よりちょっとだけ厚い紙です。
表紙の素材は「ノンコート高級マット紙(アラモード)」で「ニス加工」がなされています。

ハードカバーのようながっしり感はありませんが、この価格帯の商品ですのでこれで十分かと。

今回は入れなかったけど、タイトルの下のところに81文字までのサブタイトルも入れられます。

カバーがついてくる

TOLOT(トロット)カバー

TOLOT(トロット)」フォトブックの「文庫サイズ」と「B6・24ページ」では、追加料金無しで最初から透明なビニールカバーが付属しています。

500円で買える商品にこれが付いてくるのはすごくうれしいですね。カバーが有ると高級感が段違いなので。

カバーの素材は「ポリ塩化ビニール(PVC)」生地は「ナシジクリア」で、「高周波ウエルダー加工」を施してあるそうです。

TOLOT(トロット)ケース「B6サイズ・64ページ」にはプラスチックケースが付属しています。質感も大幅にアップするし、長期保存にも強い。これはすごく良い物だと思う。

ケースの素材は「ポリプロピレン(PP)」、生地は「クリア」、加工は「超音波加工」だそうですよ。

背表紙にタイトルが入る

TOLOT(トロット)タイトル

「64ページ」の商品は厚みがあるので、背表紙にもきっちりタイトル(18文字まで)が入ります。

やはり立てかけたりして保管するときに見栄えが良いので、タイトルは入ったほうが良いです。

裏表紙

TOLOT(トロット)QRコード

裏表紙にはQRコードがあるけど、読み込んでwebサイトに飛んでも「お探しのページは見つかりません」と出るだけ。ちょっと何に使うのか分からなかった。

最後のページには奥付(タイトル・サブタイトル・作成者・作成日・説明)があります。

TOLOT(トロット)のデザイン・レイアウト

豊富な表紙デザイン

TOLOT(トロット)表紙デザイン

TOLOT(トロット)」のフォトブックでは表紙デザインを200種類以上から選ぶことができます。

安いフォトブックだと表紙が選べないものもあるので、これはうれしい仕様。ポケモンやサンリオのキャラクターの表紙もあります。(一部有料)

TOLOT(トロット)デザイン

こんな感じでとにかくたくさんあるので、老若男女問わずに好みのものが見つかるのではないでしょうか。

防災手帳やスケジュール帳にも

TOLOT(トロット)」のフォトブックではふつうの写真アルバムとしての利用の他にも、

  • 月間スケジュール帳
  • 防災手帳
  • おくすり手帳
  • メモ帳

などの用途に使えるようなテンプレートが用意されています。
TOLOT(トロット)防災手帳・スケジュール帳・メモ帳

私はあまり興味ないんだけど、欲しい人もいると思う。

表紙のレイアウト

TOLOT(トロット)」のフォトブックの表紙は、「写真入り」と「写真無し」の2種類があります。

「写真入り表紙」には3つのレイアウトがありますが、写真の形状により「自動配置」されますので自分で選ぶことはできません。

縦長の写真は自動的に「縦長のレイアウト」になるということですね。「正方形のレイアウト」にするには、画像が正方形サイズでないとできない仕様。これは自動配置ではなくて、自分で選択できたらうれしんだけどなあ。

TOLOT(トロット)表紙レイアウト

本文のレイアウト

TOLOT(トロット)」のフォトブックは、本文でも写真は自動配置になっています。アプリのほうで写真の形を判別して自動でレイアウトするということです。

レイアウトは基本的に以下の3つ。

TOLOT(トロット)本文レイアウト

これも、すべて自動配置ではなくて自分でトリミングして配置できるようになると良いのにな、と思う。
「正方形」のレイアウトが正方形の画像でしか使えないのが残念なんだよね。

テキストも入れられる

TOLOT(トロット)テキスト・コメント

各ページに「説明文(コメント)」を26文字まで書き込める機能があり、「縦サイズ」でコメントを入れるとページ下部分に余白ができます。

テキストのみのページにもできる

TOLOT(トロット)説明文

また、写真無しのテキストのみのページにも変更可能ですが、文字数は140字までしか入れられません。少し中途半端な文字数かも…

横長は写真が小さくなる

TOLOT(トロット)横長
「横サイズ」だと、写真がかなり小さくなってしまいます。まあ縦長の本なので仕方ないのですけれど、ちょっと迫力不足かなぁ。基本は縦長にしたいですね。

2ページにわたって1枚の写真を配置する「見開き」というレイアウトもありますが、中央の綴じている部分で写真が断絶するので、あまりおすすめではありません。

公式サイト

TOLOT

スマホ版フォトブック【22社を比較】おすすめはコレ!正直レビュー!私は趣味で7年ほどフォトブックをたくさん作ってきました。 今回は「スマホから直接つくれるフォトブック」の中で、特に優れたおすすめの...

『TOLOT』の価格はお得?

TOLOT(トロット)価格

TOLOT』フォトブックの商品は以下の3つ

  • A6 / 64P 500円(税込) 105×148mm
  • B6 / 24P 500円(税込) 128×182mm
  • B6 / 64P 1,000円(税込) 128×182mm

価格は何か基準がないと、どう評価したら良いのか迷ってしまいますよね。

私が「スマホから作れるフォトブック」22社117商品の本体価格(税込)の表をざっと作りましたのでご覧ください。(月額基本料金のある商品は除外しています)

本来はサイズや印刷方法などで価格の上下があるのですが、ここではざっくり相場感をつかんでもらうために、全部一緒の表にしています。

TOLOT』のフォトブックは、3つともソフトカバーです。

「スマホフォトブック」の価格
価格帯 ソフトカバー ハートカバー
0~999円 30 2
1,000~1,999円 21 4
2,000~2,999円 10 11
3,000~3,999円 4 22
4,000~4,999円 1 8
5,000~5,999円 5
6,000円~ 1

ソフトカバーのフォトブックでは、「1,999円以下」に商品が集中しているのがわかります。

スマホの写真を使うフォトブックでは、やはり気軽に注文しやすいソフトカバーの安価な商品が人気なのでしょう。

TOLOT』のフォトブックは、スマホフォトブックの中でもかなり安めの価格帯に入っている商品です。

それでは商品ごとの価格を見ていきましょう。

『TOLOT』A6の価格評価

フォトブックは、表紙に硬い厚紙を使用した「ハードカバー」と、やわらかい紙の表紙の「ソフトカバー」の2種類にわかれます。

使用している素材の違いから、「ハードカバー」のほうが価格が高いです。『TOLOT』はソフトカバーなので、ソフトカバーの商品の中で価格評価をすべきでしょう。

スマホでつくれるフォトブック22社117商品のなかで、ソフトカバーでA6サイズの商品は以下の7つ。

(公式サイトで表記のある「ページ数」と、「実際に写真を印刷するページ数」は違う場合もあります。この表は実際に商品を見てカウントしています。)

A6 縦 148✕105mm ソフトカバー(すべて税込)
*横スクロール
します
購入
総額
1ページ
あたりの
価格
印刷
ページ
1ページ
写真
枚数
本体
価格
送料 サイズ
デジプリ
らくらくコース
220円 9.1円 24 1 110円 110円 144×108mm
しまうまプリント
フォトブック
308円 14円 22 1~4 198円 110円 148×105mm
デジプリ
よくばりコース
319円 13.2円 24 1~6 209円 110円 144×108mm
プリミィ 440円 19.1円 23 1~4 月額
330円
110円 148✕105mm
TOLOT 500円 8円 62 1 500円 無料 148✕105mm
ドリームページ
500円フォトブック
737円 46円 16 1~12 540円 167円 144×108mm
ドリームページ
A6タテ
1,177円 58.8円 20 1~12 1,010円 12円 144×108mm

フォトブックを購入するときにかかる費用である「本体価格+送料+税」の購入総額で、安いほうから上から順にならべてあります。

しかし、商品によりページ数が違いますので、購入総額が安いからといってお得なわけではありません。

私は購入総額を写真印刷ページ数で割った「1ページあたりの価格」が、「本当のお得度」を表す数字だと考えています。

この「1ページあたりの価格」で、A6縦ソフトカバーのなかで『TOLOT』は最安。こういう商品というのは、やはりページ数が多いほうが1ページあたりの金額は安くなるんですよね。

フォトブックは標準の写真印刷ページ数が20~25ページくらいの商品が多いのですが、『TOLOT』は62ページと突出して多い。これがページあたりの価格が低い要因かと。

ソフトカバーの商品はページ数が少ないと本が薄くなるので、どうしても質感が少しヘナヘナとした雰囲気が出てしまいます。少し大げさに言うと、安っぽさがあるんですよね。

その点、62ページの『TOLOT』は本に厚みがあり質感が高く、ビニールのカバーもついてくるなど安っぽさを感じません。この中では同じくページ数が多くカバーのついている『しまうまプリント』と『TOLOT』は別格の質感をもっていると思います。

そういう意味では、『TOLOT』の500円は決して高い価格ではなく、「ページあたりの価格」「商品の質感」という部分を見れば、十分にお得な価格と言えるでしょう。

弱点としては写真を62枚選ぶ、というのが人によっては少し多すぎると感じるかもしれません。まあそこらへんは個人の感覚ですよね。

『TOLOT』B6の価格評価

続いてB6サイズの価格を見てみましょう。

TOLOT』のB6には、印刷ページ数が62と22の二つの商品があります。117商品の中で、ソフトカバーでB6の商品は計4つ。ちょっと少ないですね。あまり人気のあるサイズではないのかもしれません。

B6より少し大きいA5サイズの商品はたくさんあるのですけど。B6はちょっと中途半端な大きさなのかなぁ。でもまあ写真も見やすいですし、個人的には良いサイズだと思いますけどね。

それでは4商品の価格比較をご覧ください。

B6 縦(182×128mm) ソフトカバー(すべて税込)
*横スクロール
します
購入
総額
1ページ
あたりの
価格
印刷
ページ
1ページ
写真
枚数
本体
価格
送料 サイズ 備考
TOLOT 500円 22.7円 22 1 500円 無料 182×128mm
TOLOT 1,000円 16.1円 62 1 1,000円 無料 182×128mm
SNAPS 1,940円 92.3円 21 1~3
テンプ
レート
1,440円 500円 17.9×13.8mm 比率が
少し
違う
PHOTO
PRESSO
Trad
2,112円 60.3円 35 1~2 1,782円 330円 182×128mm

購入総額、「1パージあたりの価格」ともに、『TOLOT』はずば抜けて安い価格になっています。

TOLOT』は1ページに1枚の写真配置で、デザイン的に凝ったバリエーションはなくシンプル。『SNAPS』はデザインテンプレートが売りの商品ですので、分野の違う商品です。

PHOTO RESSO』はキャノンの販売している商品で高級志向。なので、B6ソフトカバーの中では『TOLOT』が一番お得な商品になっています。低価格ではライバルはいない感じですね。

最安といっても『TOLOT』のフォトブックは厚みもあり、プラスブックかビニールのカバーもついてくるなど、安っぽさはありません。

実際に商品を見てみても、この価格なら十分に納得できると思いますね。

公式サイト

TOLOT

スマホ版フォトブック【22社を比較】おすすめはコレ!正直レビュー!私は趣味で7年ほどフォトブックをたくさん作ってきました。 今回は「スマホから直接つくれるフォトブック」の中で、特に優れたおすすめの...

TOLOT(トロット)のアプリ

TOLOT(トロット)スマホアプリ

TOLOT(トロット)」でスマートホンから発注する場合は、無料のスマホアプリを使用します。

このアプリ、初めて作るときでも迷うことなく直感的に操作できて、あっという間に発注作業が終了する優れもの。

編集・発注作業ですが、まずどんな人でも「使い方がわからない」ということは無いでしょう。ですから、細かい説明は省きます。具体的には以下の手順になります。

  1. 表紙を選ぶ
  2. サイズを選ぶ
  3. 写真を選ぶ
  4. 編集画面でタイトル・コメント入れやレイアウトを決める
  5. プレビューで確認
  6. 注文手続き(住所・支払いなど)

最初に3つの選択肢がある

最初に編集作業を始めるときに最初にする作業を、

  • 写真から選ぶ
  • テンプレートから選ぶ
  • 表紙からえらぶ

の3つから選択できますが、作業の順番が多少前後するだけでやることに変わりはありません。

暗くなってしまっている写真を補正してくれる「おまかで補正(自動補正)」もあります。デフォルトでオンになっているので、そのままで良いでしょう。

推奨されている画像サイズ

TOLOT(トロット)」のフォトブックでは「最低限これくらいはあって欲しい画像サイズ」が指定されています。このサイズを下回ると画質が大幅に落ちる場合がありますので注意してください。

■本文ページ
画素数 縦2122ピクセル × 横1530ピクセル以上

■表紙
画素数:縦1147ピクセル × 横1147ピクセル以上

TOLOT(トロット)の配送・納期

TOLOT(トロット)」のフォトブックの配送は、一律でメール便(ゆうメール)です。上の画像のように紙のパックに入って届きます。ポストに入らなくてなおかつ不在の場合は「不在配達通知書」が投函されます。

送料は本体料金に組み込まれていますので、追加ではかかりません。納期は「注文後2〜3週間程度」

私は関東地方在住ですが、発注から8日程度で届くことが多いです。工場が東京にあるので、遠方だともうちょっとかかるかも。

発送時に発送連絡メール有り。ゆうメールは地域によっては発送から7日ほどかかってしまうこともあるようなので、納期に幅を持たせて記載されているのでしょう。

発注から一週間後に発送して、到着に7日かかったとすると納期は「14日」。3週間はかからない計算ですが、繁忙期には発送が遅くなることもあるのかと推測します。

経験上、フォトブックが8日で届くなら十分に早い納期。2週間ならまあ普通。3週間だとちょっと遅いかなという感覚ですね。

TOLOT(トロット)」のフォトブックの納期は「2~3週間」と幅がありますが、今までの経験から言うと繁忙期でなければ割と早く来ます、ということで。

スマホ【ネットプリント】アプリ23種類を全部試して比較!おすすめはコレだ!口コミ評判も! スマホから「23種類のネットプリント」を注文して比較検討してみました。 数多くあるサービスの中から「いったいどれが品質が良...

TOLOT(トロット)の弱点

TOLOT(トロット)デメリット

弱点というほどのことはあまり見つからないんですが、他のスマホから作れる安いフォトブックとくらべて感じたことを書いてみます。

写真の必要枚数が多い

TOLOT(トロット)」の「写真印刷62ページ」というのは、500円で買える商品ということなのでかなりお得感があります。

しかし実際に写真を選んでみるとわかりますが、62枚ってけっこう多く感じるんですよね。

例えば運動会や旅行などがあった後に「TOLOT(トロット)」で一冊のフォトブックを作ろうとすると、一つのイベントで62枚の写真を選ぶことになり、大変な作業になります。

ちょっと必要な写真の枚数が多くて「気軽に作りにくい感じ」がしないでもない。ページ数が多いと本の質感はしっかりするので良いんですけどねー。

納期が遅い

納期は「2~3週間」と幅があるのでなんとも言えないのですけど、3週間はちょっとかかりすぎな感じがします。

2週間以内にくれば十分かと思います。欲を言えば10日以内ならうれしい。

3週間だと下手すると発注したことも忘れちゃってますからね。自分の場合は8日ほどで来ることが多いので、2週間以上かかることはあまりないのでしょうけど。

本文のレイアウトが少ない

上で説明しましたが、「自動配置」ってのがどうもなー。画像が縦長・横長であったとしても自分でトリミングして正方形のレイアウトにできたらうれしいな。

公式サイト

TOLOT

スマホ版フォトブック【22社を比較】おすすめはコレ!正直レビュー!私は趣味で7年ほどフォトブックをたくさん作ってきました。 今回は「スマホから直接つくれるフォトブック」の中で、特に優れたおすすめの...

TOLOT(トロット)のクーポン

TOLOT(トロット)」では新規会員登録時にもらえる2種類のクーポンがあります。

auスマートパス会員向けの「1冊無料クーポン」

auスマートパスの会員は「au ID」でログインして新規会員登録をすると、「TOLOT(トロット)」のフォトブックが一冊分無料で作れる「お試しクーポン」(500円の商品に限る)をもらえます。

auスマートパス会員の人はかなりお得ですので、ぜひ使いましょう。

「お友達紹介キャンペーン」を利用して「110円割引クーポン」をもらう

TOLOT(トロット)」に新規会員登録する際にすでに会員登録している人から「紹介コード(クーポンコード)」を教えてもらって入力すると、商品の出荷時に次回注文から使える「110円の割引クーポン」が一つもらえます。

新規会員登録時に「クーポンコード」をもらうには、「メールアドレスとパスワード」を使って会員登録をしなければいけません。

「au ID」「Facebook」「Twitter」などのアカウントを使って登録するとクーポンをもらえなくなるのでご注意を。

紹介コードがない人は、よかったら以下のコードを使ってください。

トロット紹介コード

PA403

『TOLOT』とライバルとの比較

TOLOT』と競合するライバル商品を比較してみます。

TOLOT』のライバルとして、手頃な価格で質感が高い『しまうまプリント』のフォトブックと、安さが売りの『nohana』の2つを選びました。

「TOLOT」と「しまうま」の比較

しまうまプリント』のフォトブック「ライト」と、『TOLOT』の比較を見てみましょう。

「しまうまプリント」ライトの特徴

しまうまプリント・フォトブック・口コミ「しまうま・ライト」

しまうまプリント』は、写真プリント・フォトブック・年賀状などの写真関連の商品を販売しているサービス。

しまうまプリント・フォトブック』はなかなか総合力の高い商品で、私は長年愛用しています。

主な特徴は以下の7つ。

  • コスパが高い
  • 商品の質感が良い
  • 画質もそこそこ
  • アプリが使いやすい
  • 納期が早い
  • スマホ、PCで作れる
  • 上位商品もある

下に一応 サービスの概要を載せておきますので、早くレビューを見たい人はサラっと飛ばしちゃってください。

商品名
しまうまプリント・フォトブック(しまうまブック)
販売会社名
株式会社しまうまプリント
販売会社住所
東京都新宿区西新宿6丁目16-6 タツミビル
商品サイズ
  • 文庫サイズ(105mm×148mm)
  • A5スクエアサイズ(148mm×148mm)
  • A5サイズ(148mm×210mm)
  • A4サイズ(210mm×280mm)
ページ数
各サイズで、24、36(A5のみ32)、48、72、96、144ページから選択可能
製本方式
  • ライト ソフトカバー無線綴じ
  • スタンダード ソフトカバー無線綴じ
  • プレミアムハード ハードカバー無線綴じ
印刷方式
  • スタンダード レーザープリンター4色
  • プレミアム デジタルオフセット6色
  • プレミアムハード インクジェット印刷
価格(税込)
  • ライト 文庫 24P 198円
  • ライト A5スクエア 24P 298円
  • ライト A5 24P 498円
  • ライト A4 24P 998円
送料(税込)
  • メール便 110円
  • ゆうパック 660円
納期
  • 「ライト」年中無休、23:59までの注文で最短翌日発送。それ以降は2日後に発送。
  • 「スタンダード」3日程度で発送
  • 「プレミアムハード」5日程度で発送
  • メール便 発送日より3~7日程度(日曜祝日を除く)
  • ゆうパック 発送日より2日程度
支払い方法
  • クレジットカード
  • コンビニ後払い
  • 代金引換

「しまうま」との価格比較

しまうまプリント・フォトブック・評判「しまうま・ライト」

今回は『TOLOT』と同じA6サイズ(文庫)、『しまうま』で一番安価な「ライト」で比較してみます。

しまうま
(ライト)
TOLOT
サイズ 105×148mm 105×148mm
本体価格
(税込)
198円 500円
(送料込)
送料 110円 0円
購入総額
(税・送料込)
308円 500円
印刷ページ数 22P 62P
1ページあた
りの価格
約14円 約8円
デザイン表紙 無料 無料
1ページ
写真枚数
1~4枚 1枚

TOLOT』は送料込みで500円とかなり安い価格設定ではありますが、他社に本体価格がもっと安い商品があるために「安さ」という点ではあまり目立たない存在です。

TOLOT』は印刷本文が62ページと多いので、1ページあたりの価格(8円)では実は一番お得な商品。

しまうま』は22ページと印刷本文が少ないので、1ページあたりの価格(14円)では負けています。

やはりコスト的に本文ページが多いほうが、1ページあたりの価格は安くなるものです。(本体価格は高くなります)

しまうま』では最大144ページまで増量できますので、試しに価格が近い印刷本文46ページ(本体438円+送料110円)で比較してみましょう。

しまうま』の「46ページで購入総額548円」の「1ページあたりの価格」は、約11.9円。それでも『TOLOT』のほうが安くなります。

価格面では『TOLOT』が一歩リードと言えるでしょう。

「しまうま」との製本比較

TOLOT』と『しまうま』(ライト)のA6サイズの商品はサイズこそ一緒ですが、それぞれ違った雰囲気を持っています。

TOLOT』はビニールのカバーが標準で付属。

対して『しまうま』も紙のカバーがついています。

この紙カバーがあることにより、質感がふっくらとして良い感じなんですよね。

こんな感じで、62ページある『TOLOT』は厚みがありますので非常にガッチリした感じ。

しまうま』も紙のカバーがあり質感は高いほうですが、やはり3倍近くページ数のある『TOLOT』の重厚さには少し劣るかも。

TOLOT』は本を何回か開いて見たあとも本文に折り癖がつきにくく、画像を見てわかるように本全体がまっすぐな姿勢を保つところも利点の一つです。

「しまうま」とのデザイン・レイアウト比較

TOLOT』も『しまうま』もデザイン表紙を無料で選択可能。(『TOLOT』は一部有料のものもあり)

TOLOT』の写真配置は「1ページに写真1枚のみ」。レイアウトも写真の縦と横しか設定できません。

「しまうま」

しまうま』は1ページにつき1~4枚のレイアウトを選択可能です。

レイアウト面では『しまうま』のほうが優れています。

「しまうま」との画質比較

TOLOT』の画質は、明るさ・色味ともにオーソドックスな仕様。

しまうま』のほうが明るくて少し赤っぽい色味。人物の写真だと少し赤みのあるのが健康的に見えるものなのです。

人物では『しまうま』の色味・明るさのほうが雰囲気的に好印象かな。

よ~く目を凝らしてくらべて見ても、トーンの滑らかさ印刷の品質というのは五分五分と感じました。

両方とも良い印刷だと思います。明るさと色味の違いだけですね。

「しまうま」との比較まとめ

しまうま・ライト

TOLOT』はページ数が多く、「1ページに写真1枚」でシンプルに作るフォトブックです。

本の質感は高く印刷もきれいですが最低でも62枚の写真を選ばなくてはなりませんので、そこをどう感じるかでしょう。

しまうま』は印刷ページ数22、34、46、70、94、142ページの中から選べるので、場合によって使い分けることができます。

私は62枚だとちょっと多く感じるのですが、そこは使い方次第かもしれません。

あと『TOLOT』は納期が注文から2〜3週間程と、フォトブックとしては比較的遅いのでご注意を。

しまうま』は注文翌日に発送、発送日より3~7日程度で到着となっていますので、『TOLOT』よりは早く届きます。

フォトブック・写真アルバム 作成アプリ しまうまブック

フォトブック・写真アルバム 作成アプリ しまうまブック

SHIMAUMA PRINT, Inc.無料posted withアプリーチ

【しまうまプリントフォトブック】正直レビュー!7年使用・ライバル比較も・口コミ評判も アプリ『しまうまプリント・フォトブック(しまうまブック)』で、スマホからフォトブックを作成したのでレビューします。 (パソ...
フォトブック・写真プリントサービス TOLOT(トロット)

フォトブック・写真プリントサービス TOLOT(トロット)

TOLOT Inc.無料posted withアプリーチ

「nohana」との比較

nohana ノハナ 口コミnohana・通常フォトブック

nohana』はフォトブックが月に1冊無料で作成できます。しかし、送料として275円(税込)が必要。

ですから実質は、

「275円で1冊のフォトブックが買える」

ということになります。
とにかく「安さ」が特徴のフォトブックです。

上位商品はともかく、毎月無料でもらえる「通常フォトブック」はそんなに豪華なものではなく、コスパ重視の商品です。

『nohana』の特徴
  • ひと月に一冊無料
  • 送料は275円かかる
  • 通常フォトブックはコスパ重視
  • 上位商品もある

以下は『nohana』の概要です。

商品名
nohana(ノハナ)
販売会社名
株式会社ノハナ
販売会社住所
東京都渋谷区渋谷3-3-5NBF渋谷イースト6F
商品サイズ・ページ数
140×140mm
28P(写真印刷20P)
製本方式
無線綴じ
印刷方式
オンデマンド印刷
価格
「通常フォトブック」月一冊無料(送料別)
2冊目からは550円(税込)
送料
1冊につき275円(税込)
納期
2週間程度
上位商品
  • 高画質オプション
  • プレミアムフォトブック(ハードカバー)
支払い方法
  • クレジットカード(VISA、Mastercard、JCB、AMEX、DINERS)
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • ワイモバイルまとめて支払い
  • ドコモ払い

今回は『TOLOT』のA6サイズと、少し大きさは違いますが『nohana』で一番安価な「通常フォトブック」で比較してみます。

「nohana」との価格比較

以下は『TOLOT』のA6サイズと『nohana』通常フォトブックの価格比較表です。

nohana
通常フォトブック
TOLOT
サイズ 140×140mm 105×148mm
本体価格
(税込)
0円 500円
(送料込)
送料 275円 0円
購入総額
(税・送料込)
275円 500円
印刷ページ数 20P 62P
1ページあた
りの価格
約13円 約8円
デザイン表紙 110円
(税込)
無料
1ページ
写真枚数
1枚 1枚

TOLOT』は購入総額では『nohana』のほぼ倍となっています

しかし、印刷ページ数では62Pで、『nohana』20Pの3倍以上。

その商品のお得度を示す「1ページあたりの価格」では、『TOLOT』8円、『nohana』13円で、『TOLOT』のほうがコスパに優れた商品ということがわかります。

フォトブックは基本的にページ数が多い商品のほうが、1ページあたりのコスパは良くなります。ただし、本体価格は高くなりますけど。

サイズは『nohana』のほうが大きいですが、紙質や本の作りなどの質感は『TOLOT』が上です。

購入価格の安さでは『nohana』。コスパでは『TOLOT』に軍配が上がる、ということになります。

「nohana」との製本比較

nohana ノハナ 評価『nohana』

nohana』の通常フォトブックの製本をチェックします。

『nohana』

通常フォトブックは275円で購入できる低価格商品です。

ソフトカバーの無線綴じ、表紙も薄く、正直あまり高級さは感じられません。

nohana ノハナ 価格『nohana』

TOLOT』は印刷本文が62ページあり本の剛性が高いですが、『nohana』は20ページなので手に持つとどうしても薄さを感じてしまいます。

『nohana』

nohana』の通常フォトブックからは、徹底的に低価格を重視した雰囲気を感じる。

それとくらべると『TOLOT』は、剛性もあり質感は一歩も二歩もリードしています。

まあそれだけ価格も高くなるのですが、「1ページあたりの価格」で考えるとコスパも悪くありません。

「nohana」との画質比較

2つをならべてよ~くみくらべてみても、線のシャープさやトーンのなだらかさはあまり変わらないと感じました。

ここらへんの価格帯のフォトブックは印刷にかけているコストがあまり変わらないため、画質面では差が出ません。

ただ色に関してはかなり違いがあり、『TOLOT』のほうが少し青っぽいのかな。『nohana』はニュートラルだと思うんだけど、『TOLOT』とならべると赤っぽく見える。

人物の写真なら『nohana』の設定のほうが良いと思います。まあならべてくらべなければ『TOLOT』も全然良い画質に見えますけども。

「どちらかを選べ」と言われたら『nohana』。という感じかな。

「nohana」とのデザイン・レイアウト比較

『nohana』

nohana』の通常フォトブックでは、基本は表紙は白背景。デザイン表紙を選ぶとオプション料金が110円かかります。

TOLOT』はたくさんのデザイン表紙が追加料金なしで選べます(一部有料)ので、表紙デザインでは『TOLOT』のほうが良い環境です。

『nohana』

nohana』は「1ページに写真1枚のみ配置可能」で、レイアウトも縦横1種類だけ。

ここは『TOLOT』もまったく同じです。

「nohana」との比較まとめ

nohana』は1冊単価が安くなるけど、1ページあたりの価格は高くなります。

TOLOT』は1冊単価は高くなるけどコスパは良く、本の質感も高くなる。

それ以外にも必要な写真が20枚と62枚では、継続的に作成していく上で発注するテンポも違ってくるでしょう。

nohana』は基本的に月一回の注文になりますし、その点は『TOLOT』は自由。

ここらへんの条件がどちらが好みに合っているか、ということになるでしょう。

ノハナ フォトブック印刷・成長記録アプリ

ノハナ フォトブック印刷・成長記録アプリ

nohana, Inc.無料posted withアプリーチ

【ノハナ】正直レビュー!長所短所を紹介・全商品購入・感想口コミ評判も!(nohana) 『nohana(ノハナ)』のフォトブックを制作したのでレビューします。 『nohana』はスマホアプリ(iphone・Andr...
フォトブック・写真プリントサービス TOLOT(トロット)

フォトブック・写真プリントサービス TOLOT(トロット)

TOLOT Inc.無料posted withアプリーチ

『TOLOT』の口コミ

TOLOT』の悪い口コミ・良い口コミを集めてみました。

『TOLOT』の悪い口コミ

とにかく商品の到着が遅い。注文から3週間もかかるのなら注文しにくい

TOLOT』の納期は「ご注文後2〜3週間程度」とあります。

最低でも2週間、最大で3週間かかるということですので、たしかに納期は遅いほうですよね。

「すぐに欲しい」という場合は注文しにくいのは事実でしょう。欲を言えば1週間くらいで来てくれたらうれしいのですけれどね。

写真選択の作業中にフリーズしてしまう。

いつも画像のアップロードで失敗して注文できない

TOLOT』に限らないことですがスマホアプリでは端末との相性が存在し、動作不良が起こるケースがまれにあります。

もし何度もフリーズや動作不良が起こる場合は、アプリを一度アンインストールしてインストールしなおしてみましょう。

それでも不具合が改善されないときは、サポートに連絡しても解決しないことが多いです。

滅多にありませんが私も不具合に遭遇したことがあり、いろいろ試しましたが治らなかったですね。

そういうときはいつまでも固執せずに、他のアプリを使ったほうが効率的かもしれません。

なぜかクリアケースがついてなかった。

ええ?そんなことがあるんですかね。

まあ、たまたまのミスだったと思いますけど。

1ページにに写真が1枚しか入れられないので、1ページに複数枚の写真を配置しようとすると、他のアプリで加工しないといけないので面倒。

むむぅ、わざわざ画像を加工して1ページに複数枚を配置している人がいることにビックリ!

個人的な意見ですけど、『TOLOT』はササッと手間をかけないでシンプルなフォトブックを作れる、という所に良さがあると思います。

他のアプリで加工して….という労力をかけるなら、他にかんたんに複数枚配置できる商品があるわけで….

もし、『TOLOT』でレイアウトがいろいろいじれたとしても、そうすると編集作業にたくさん時間がかかるようになるんですよ。

TOLOT』は「楽にシンプルなものが欲しい人」が買うべき商品だと思います。

商品が届かずに紛失した!代替でクーポンをもらったので損はしていないが、子どもの写真で作ったので悪用されたらどうするのか?

私は一度も商品が届かなかったことはありませんが、ゆうメールは追跡がなくポスト投函なので紛失の可能性もわずかながらありますね。

ただ、メール便等のサービスを使用するときは、「紛失の可能性があることが前提」だと思うんです。

「悪用の可能性が心配」なら、宅配便の選択肢があるサービスを利用すべきかと思います。

『TOLOT』の悪い口コミまとめ

商品の悪い口コミはほとんど見あたらず、アプリの操作性や不具合、納期などに関するものが多かったです。

人は「商品に満足したとき」より、「不具合があったとき」のほうがネットに書き込みたくなるものです。

確率的に不都合がある可能性は低いですが、悪い口コミはおそらく事実でしょうから起こりえるものとして参考にしましょう。

『TOLOT』の良い口コミ

画質はすごく良いとはいえませんが、いろいろなデザインの表紙も選べてページ数も多くお得なフォトブックだと思います。

TOLOT』のフォトブックは、商品自体に悪い口コミがほぼないことを見てもわかるように、かなり満足度が高いようです。

届いてみると想像してたのよりきれいで豪華なフォトブックだった!これが500円でできるなんて信じられない。

「500円という価格から想像していた商品」よりは良い物が届く、と私も思います。

スマホで1ヶ月に100枚くらい写真を撮るので、『TOLOT』の62ページ数はちょうど良いです。

スマホだとたくさん写真を撮る人がいるんですねぇ。その枚数だとページ数が多いほうが助かりますよね。

いろんなフォトブック アプリを使ってきたが、こちらが一番かんたんでストレスなく作れて最高だった

悪い口コミのほうには、「使いにくい」「面倒すぎる」という口コミもあります。

同じアプリを使っても感じ方は人それぞれなんですね。私もこの方と同じ意見で、操作性はとても良いと思います。

不満を抱く人は、アプリにかなり高い欲求を持っている人なのかもしれません。

『TOLOT』の良い口コミまとめ

総じて商品自体には満足している人が多いようで、かなり評判は良いみたいです。

「500円で安い」という口コミも多くありました。探せば他にもっと安い商品もあるんですけどね。

ただ、それだと質感が落ちるものも多いので、『TOLOT』は最安ではないけど本当の意味でコスパに優れたフォトブックだと思います。

TOLOT(トロット)まとめ


とにかく、「500円と1,000円」という「ポッキリ料金」がインパクト大。

他の商品では消費税とか送料を加算していくと、最初の料金設定よりけっこう高くなっちゃうなんてことがよくあるので。

表紙デザインの種類が多く、何度作っても変化を持たせられるので飽きがこないです。

印刷も製本もキッチリしているし、隙のない良い商品だと思います。子どもの成長記録なんかにも良いのではないかな。

「文庫本サイズ」からステップアップするのに、「B6サイズ」というちょうどよいサイズが用意されているのもうれしい。

総合的に見て500円でこの商品というのは、十分に買う価値ありのフォトブックです。

公式サイト

TOLOT