スマホでフォトブック

スマホ版フォトブック【19社比較】500円以下おすすめランキング

スマホ スマートフォン フォトブック おすすめ アルバム 口コミ 評価 比較 ブログ 購入 ランキング今回は「スマホから直接つくれる19のフォトブック」の中で、500円以下の商品を徹底比較しておすすめの商品を紹介します。

「印刷品質」「レイアウト」などのポイントごとに評価して順位をつけていますので、これからスマホでフォトブックを作ろうとしている人の参考になれば幸いです。

『スマホから作れるフォトブック』を「19種類」作成した

今回おすすめの記事を作るにあたって「スマホで作れるフォトブック」で目につく商品は、Android・iPhoneともにすべて購入しました。
その数、全部で19種類。

証拠と言ってはなんですが、全部レビューしております。

今回はこの中で、「500円以下の商品」を徹底比較していきます。

スマホ フォトブック「500円以下の13商品」を徹底比較
比較する5つのポイント

スマホ・フォトブック・レビュー

「スマホから作るフォトブック」は、1冊200円代の激安品から5千円以上の高級品までさまざまな商品があります。

スマホ フォトブック19社の中で、「1冊の価格が500円以下の商品」は13種類。

今回は各商品の実物をよく比較検討し、項目別に採点してランキング化しました。

これから採点などについて細かい説明がありますので、すぐにおすすめの商品を見たい方はこちらからどうぞ

「500円以下スマホ・フォトブック」4つのサイズ

A5  148mmスクエア  A6

スマホで作る「500円以下」のフォトブックには、4つのサイズがあります。

サイズと商品数は以下のとおり。

「500円以下」の商品数
A6 105×148mm
文庫本サイズ
4
148mmスクエア
(実寸140~150mm)
5
B6 128x182mm 1
A5 148×210mm 3

「A6」と「148mmスクエア」の商品数が多く、人気のサイズであることがわかります。

「A6」は文庫本のサイズ。
「148mmスクエア」はCDケース(124×142mm)より少し大きなサイズです。

スマホのフォトブックでは、コンパクトなこの2サイズが人気。

特に安価な商品ではサイズが大きくなると印刷の粗が目立ちやすくなるので、「A6」か「148mmスクエア」がおすすめです。

「500円以下スマホ・フォトブック」4つの評価ポイント

スマホ・フォトブック・比較

「500円以下のフォトブック」で「商品によって差のでる部分」は以下の5つです。

  • 印刷品質
  • 印刷の「明るさ / 色」
  • 表紙デザイン
  • カバー
  • 本文のレイアウト

上記5つの部分を、3点満点で評価します。

「印刷品質」の評価

500円以下の商品ですから、基本的に印刷はそんなに高いレベルではありません。

印刷品質 採点
  • 良好 3点
  • ふつう 1点

ここでいくら画像を出しても印刷のレベルを伝えることはできませんが、実際に見てみたら「価格のわりには良い品質じゃない」と感じる人が多いと思います。

私はそう感じましたし、周囲の家族友人の感想もそうでした。

言葉にすると「あまり期待しないで欲しいけれど、思ったより悪くないよ」といったところでしょうか。

「500円以下の商品」と言っても、275円と500円の商品では倍近くの価格差です。

500円以下の商品の中でも激安の商品は、くらべてみるとちょっと品質的に劣ります。

右 安い商品

上の画像は左側が300円より上の価格、右側のほうが激安の商品です。

顔のあたりではわかりにくいですが、後ろの芝の描写などは激安のほうが粗くなっています。髪のあたりも粗いですよね。

激安の商品は、かなり安い用紙を使用しているのでしょう。

まあ、ぱっと見の印象はそこまで変わりませんけれどね。

印刷の「明るさ・色」の評価

上の「印刷品質」は、「線のシャープさ」や「細部の描写」の評価でした。

ここでは印刷の「明るさ」と「色」を採点します。

「明るさ・色」採点
  • 「明るさ・色」どちらも良好 3点
  • 1つ良好 2点
  • 良好なし 1点

写真では「人物が写っている場合は明るめが良い」というのが定説です。

やはり「明るめの写真」は見たときに受ける雰囲気が良くなります。暗めの写真とくらべてみるとわかりやすいです。

「色」も印刷により差がでやすい部分で、「少し赤め」のほうが肌が健康的に見えて印象が良くなります。

まあこの2つは数値化しにくいので、主観的な評価にはなってしまいますけれど。

「表紙デザイン」を変更できるか

「表紙デザイン」採点
  • 無料で変更可能 3
  • 有料 2
  • なし 1

500円以下のフォトブックの表紙のデザインは、

  • 背景が白のみで変更できない商品
  • 「用意されているデザイン」を使用できる商品

の2つにわかれます。

基本的に激安の商品はデザイン変更できません。 中間として「有料でデザイン変更が可能」な商品もあります。

白もシンプルで良いんですけど、何冊も作るとなるとデザインにも変化が欲しくなるんですよね。

「ブックカバー」の有り無し

「ブックカバー」採点
  • あり 3点
  • なし 1点

本の外側にカバーがついている商品と、ついていない商品があります。激安商品はカバー無しです。

やはりカバーがあったほうが本の質感が上がりますし、満足感もかなり高くなります。

左がカバーあり。本の厚みの違いもありますが、やはりカバーつきだと本の質感に上質さがでます。

カバーの材質は紙とビニールの2種類あって効果は微妙に違うのですが、あまり細かいことを言うと採点できなくなるのでここでは同じ評価としました。

「本文のレイアウト」が変更できるか

「本文レイアウト」採点
  • 変更可能 3点
  • 1P写真1枚 1点

「500円以下のスマホフォトブック」の本文レイアウトは2種類あります。

  • 1ページに写真1枚の配置のみ
  • 1ページに写真を複数枚配置できる

1ページに複数枚を配置できる場合、最大枚数は4~6枚と商品により違います。

これも、基本的には安い商品は「1ページ1枚」です。

1ページに複数枚配置できると変化をもたせられてうれしいですが、本のサイズが小さいのであまり写真を小さくすると見にくくなってしまいますので、そのへんは注意してください。

価格について

500円以下のフォトブックでも、価格によって商品の質に差があります。

やはり基本的に価格の高い商品のほうが、材質・印刷ともに良いです。かけられるコストが違いますので当然ではありますが。

どの商品も500円以下の低価格ということで、今回は価格は評価基準に入れませんでした。

「サイズごとの商品の価格一覧」も下にありますので、価格重視の方はごらんください。

「500円以下」スマホフォトブック
おすすめランキング

5つの評価点の合計点が高いほど、総合力に優れたフォトブックであると言えます。

下の表は「500円以下のスマホフォトブック」得点ランキング一覧です。

合計点 印刷 明るさ
表紙 カバー レイアウト
しまうま 15 3 3 3 3 3
TOLOT 12 3 2 3 3 1
Mage+ 12 3 2 3 3 1
プリミィ 12 3 2 3 1 3
デジプリ
(よくばり)
12 1 3 3 1 3
デジプリ
(らくらく)
7 1 3 1 1 1
nohana 7 1 2 2 1 1
dフォト 6 1 2 1 1 1

「デジプリ」という商品は、レイアウトやデザインの自由度が高い「よくばりコース」とシンプルな「らくらくコース」があり、価格も違うので別枠としました。

商品によって、それぞれサイズ展開に違いがあります。「サイズによって商品を選びたい人」のために、サイズ一覧を作成しました。

A6
文庫本
148mm
スクエア
A5
しまうま
TOLOT B6〇
Mage+
プリミィ
デジプリ
nohana
dフォト

おすすめは「A6」「148mmスクエア」です。2つともコンパクトでかわいいサイズ。

どちらとも、これ以上小さくても見にくくなるし、大きくても取り回しが悪くなるという、絶妙なサイズです。

「A6」は縦長なので、スマホの縦撮りの写真は収まりが良いです。

「148スクエア」は「1ページに複数枚の写真を入れるとき」に、正方形なのでレイアウトが自然になります。

ランキング1位『しまうまプリント・フォトブック』

「500円以下のスマホフォトブック」ランキング1位は、『しまうまプリント・フォトブック』。

各要素でまんべんなく得点をあげていて、総合力がとても高いフォトブックです。

『しまうまプリント・フォトブック』の得点
合計点 印刷 明るさ/色 表紙 カバー レイアウト
15 3 3 3 3 3
フォトブック・写真アルバム 作成アプリ しまうまブック

フォトブック・写真アルバム 作成アプリ しまうまブック

しまうまプリントシステム無料posted withアプリーチ

サイズは3種類。レイアウト・デザインの自由度もあり、ブックカバーがついているので本の質感も高くなっています。

印刷品質も良好。明るさ・色も人物向きの傾向なので、初めて作る一冊として最適だと思います。

「しまうまフォトブック」の特徴
  • 総合力No1
  • 印刷は高レベル
  • カバーつきで、本の質感も良い
  • サイズ展開が多い
  • レイアウト・表紙デザインが豊富
『しまうまプリント・フォトブック』の概要
会社所在地
  • 本社 東京都新宿区西新宿6丁目
  • 工場 鹿児島県日置市伊集院町清藤2110
価格
商品名「ライト」
(写真印刷22P)
(税込)
  • A6(文庫) 198円
  • A5(148mm)スクエア 298円
  • A5 498円
送料(メール便)
  • 130円
納期(メール便)
  • 16:59までの注文で最短翌日発送(年中無休)
  • 発送日より4~8日程度で到着(土日祝を除く)
ページ数
  • 最大144ページ(追加料金あり)
上位商品
  • 高品質印刷
  • ハードカバー(インクジェット)

『しまうまプリント・フォトブック』のブックカバー

紙のブックカバーが追加料金なしでついてきます。

この価格でカバーつきなのはめずらしく、他のカバーつきのフォトブックは価格が少し上です。

『しまうまプリント・フォトブック』の本の作り

ブックカバーのおかげもあり、ヘナヘナ感はありません。

「500円以下」の商品のなかでも、手にもったときのしっかり感はかなりある方。

背をノリ付けした「無線綴じ」。きちんと製本されていて、強度は十分です。

『しまうまプリント・フォトブック』の印刷品質

印刷 評価
  • 印刷品質 3
  • 明るさ 3
  • 色 3

この価格帯のフォトブックとしては、十分な印刷品質をもっています。

線もシャープだし細部まできちんと再現されていて、価格から想定される品質よりも上をいく感じ。

明るめの設定で、人物の写真では好印象。色も少し赤めで、人肌の再現を重視したセッティングですね。

人物の写真が多いのならば、印刷の傾向的には一番向いていると思う。

『しまうまプリント・フォトブック』の表紙デザイン

しまうまプリント・フォトブック』では、豊富な表紙デザインが用意されていて追加料金なしで利用することができます。

もちろん、シンプルに白などの単色背景にすることも可能。

「子供」「記念日」などカテゴリーわけされているので、選びやすいです。

『しまうまプリント・フォトブック』のレイアウト

1ページに写真枚数が1~4枚のレイアウトが用意されていて、好きなものを選べます。

「1ページに写真1枚のレイアウト」でも4つのバリエーションがあって、紙面に変化をつけやすいです。

1ページに1枚でシンプルに作るも良し、レイアウトに凝るも良し、好みで編集できるのが良いところ。

『しまうまプリント・フォトブック』の梱包

プラスチックのケースに入ってくるので、折れたり濡れたりする心配はありません。

『しまうまプリント・フォトブック』のアプリ

初めてで直感で操作してもひっかかる所もなく、スムーズに編集作業を終えられます。

動作の安定性も良い。予算をかけて整備されているようで、弱点もなく好印象です。

『しまうまプリント・フォトブック』のまとめ

しまうまプリントとは

各要素で優れている『しまうまプリント・フォトブック』。

個人的には、実際に手に取ってみると「価格以上の満足」を感じる商品だと思う。「初めてフォトブックを作る人」にも、向いているのではないかと。

「しまうまプリント」は、ネットプリントも手広く運営している企業です。

一般的な知名度はそこまで高くありませんが、「カメラのキタムラ」や「スタジオマリオ」を運営する「株式会社キタムラ・ホールディングス」が100%の株式を保有している会社ですので信頼性の面は大丈夫。

A6だと総額328円で購入できるので、気になっている人は1冊つくってみても良いかもです。

しまうまプリント』のフォトブックを注文するときに、初回限定で使える「100円引きクーポン」がありますので、購入する方は使ってみてください。

しまうまブック「100円引きクーポン」

クーポン: 8V7kmWPHxs

  • フォトブック 100円引き 初回限定
  • 有効期限: 2022年11月1日~2022年11月30日

クーポンコードの記入をするのは、編集や住所記入が終わった後の「お支払い方法を選ぶ」の画面です。

フォトブック・写真アルバム 作成アプリ しまうまブック

フォトブック・写真アルバム 作成アプリ しまうまブック

しまうまプリントシステム無料posted withアプリーチ

【しまうまプリントフォトブック】正直レビュー!7年使用・ライバル比較も・口コミ評判も アプリ『しまうまプリント・フォトブック(しまうまブック)』で、スマホからフォトブックを作成したのでレビューします。 (パソ...

ランキング2位タイ『TOLOT』

TOLOT(トロット)フォトブック・ブログ

2位は12点で、3つの商品が並びました。まずは『TOLOT』から。

サイズ展開は「A6」と「B6」の2種類。特にA6サイズでは、とてもコスパの高いフォトブックです。

『TOLOT』の得点
合計点 印刷 明るさ/色 表紙 カバー レイアウト
12 3 2 3 3 1
フォトブック・写真プリントサービス TOLOT(トロット)

フォトブック・写真プリントサービス TOLOT(トロット)

TOLOT Inc.無料posted withアプリーチ

TOLOT』は、「1ページに写真1枚の配置」でシンプルに作るフォトブック。レイアウトの自由度では「しまうま」に劣ります。

しかし、「A6」では62Pと印刷ページ数が多いので「1ページあたりの価格(購入総額÷印刷P数)」で比較すると、全商品の中でもトップのコスパの良さを誇ります。

ページ数が多いので本の作りもがっしりしていて、けっこう上質感あり。

「TOLOT」の特徴
  • コスパの高い商品
  • ページ数の多い「A6」がおすすめ
  • カバー付きで質感も良い
  • 印刷品質も好感
『TOLOT』の概要
会社所在地
  • 東京都江東区東雲二丁目9番13号
商品価格
  • A6 62P 500円
  • B6 182×128mm 22P 500円
  • B6 62P 1,000円
送料
  • 無料
納期 1~2週間程
写真印刷
ページ数
  • A6 62ページ
  • B6 22 or 62ページ
上位商品 なし

『TOLOT』のブックカバー

デフォでビニールのカバーがついてきます。

やはりカバーがあると、ワンランク上のものに感じる。この価格でカバーがついてくるのはうれしいですよね。

『TOLOT』の本の作り

「A6」は62Pとページ数が多いので、厚みがあります。

本が厚くなると剛性が出て、安物感が薄くなるんですよね。他の商品とくらべても質感はかなり高いと思います。

『TOLOT』の印刷品質

TOLOT(トロット)フォトブック・印刷
印刷 評価
  • 印刷品質 3
  • 明るさ 2
  • 色 3

銀塩プリントには及びませんが、粗さはあまり感じません。

表面にはほんのり光沢があり、この価格の印刷としてはかなり満足度高いと思う。

TOLOT(トロット)フォトブック・比較

明るさ・色ともにオーソドックスで良い感じ。もう少し明るめのほうが好みではありますが。

つっこみ所はあまりなく、十分な品質の印刷だと思います。

『TOLOT』の表紙デザイン

TOLOT(トロット)デザイン

表紙デザインは豊富に用意されています。

ここは「写真なしのデザイン」も秀逸なものが多いです。

TOLOT(トロット)表紙デザイン

『TOLOT』のレイアウト

TOLOT(トロット)本文レイアウト

レイアウトは「1ページに1枚の写真配置」のみ。上の3種類のレイアウトから自動配置されます。(自分では選べません)

横位置の写真は、ちょっと小さくなってしまいます。

『TOLOT』のアプリ

TOLOT(トロット)スマホアプリ

アプリはサクサクと編集できて、かなり使いやすい。

レイアウトを選べないので作業工程が少なく、短時間で編集が終わります。これはこれでメリットだと思う。

『TOLOT』のまとめ

TOLOT(トロット)デメリット

TOLOT』は1冊500円(送料込)と、価格的には激安ではありません。

しかし、すでに述べたように「A6(文庫)」は「1ページあたりの価格」ではとてもコスパの良い商品なんですね。

「A6」は印刷ページ数が62と、他の商品とくらべてかなり多くなっています。

写真62枚を選ぶのってけっこう大変なので、そこらへんの使い勝手は個人によって評価が異なってくるでしょう。

フォトブック・写真プリントサービス TOLOT(トロット)

フォトブック・写真プリントサービス TOLOT(トロット)

TOLOT Inc.無料posted withアプリーチ

7年使用【TOLOT】正直レビュー!クーポン・ライバル比較も・トロット 「TOLOT(トロット)」のフォトブックを作成したのでレビューします。 「TOLOT(トロット)」のフォトブックは、なんとワン...

ランキング2位タイ『Mage+』

2位タイの『Mage+(エム・エージ・プラス)』。

サイズは2種類あって、「145mmスクエア」が送料込で500円。

『Mage+』の得点
合計点 印刷 明るさ/色 表紙 カバー レイアウト
12 3 2 3 3 1
フォトブック 写真整理 Mage+

フォトブック 写真整理 Mage+

FUTABA CO., LTD.無料posted withアプリーチ

レイアウトは「1ページに写真1枚」のみ。

本文用紙の品質が高く、印刷面では満足できるフォトブックです。

「Mage+」の特徴
  • 本文の光沢度が高め
  • 印刷品質は良い
  • 表紙デザインが豊富
『Mage+』の概要
会社所在地 愛知県名古屋市昭和区白金二丁目4番10号
商品価格
(写真印刷16ページ)
  • 145mmスクエア 500円
  • A5 1,078円
送料
  • 145mmスクエア 無料
  • A5 110円
納期 注文から一週間程度(ゆうメール)
ページ数 最大32ページ
上位商品 なし

『Mage+』のブックカバー

かなり薄めですが、ビニールのカバーがついてきます。まあ、無いよりはあったほうが全然いいです。

『Mage+』の本の作り

重厚感はそんなにないですけれど、カバーもあるので安物感は全然感じません。

価格が500円しますので、やはり激安の商品よりは上質さがあります。

『Mage+』の印刷品質

印刷 評価
  • 印刷品質 3
  • 明るさ 2
  • 色 3

明るさは標準的、人肌の描写も非常に良いと思う。

本文用紙の表面はほんのり光沢があって、この価格帯としてはかなり上質感が出ています。

『Mage+』の表紙デザイン

表紙デザインの種類は豊富。写真レイアウトも3種類から選べます。

『Mage+』のレイアウト

「1ページに写真1枚の配置」のみ。

写真のレイアウトは、全面・縦・横の3種類から選べます。

『Mage+』のアプリ

シンプルなビジュアルですが、かなり使いやすいです。

操作もわかりやすくて、まったく問題ないアプリだと思いました。

『Mage+』のまとめ

価格は500円と高めですが、本文は光沢感多めで印刷品質も高いフォトブック。

下の商品価格の項を見てもらうとわかりますが、「1ページあたりの価格」で見ると決して割高ではありません。

フォトブック 写真整理 Mage+

フォトブック 写真整理 Mage+

FUTABA CO., LTD.無料posted withアプリーチ

【Mage+】正直レビュー!長所短所を紹介・画像多数・エムエージプラス アプリ『Mage+(エム・エージ・プラス)』で、スマホからフォトブックを作成したのでレビューします。 この記事では長所だけでは...

ランキング2位タイ『プリミィ』

2位タイの3つめは『プリミィ』。

月額料金制のサービスとなっており、入会すればひと月に一冊のフォトブックが無料。ただし、110円の送料がかかります。

『プリミィ』の得点
合計点 印刷 明るさ/色 表紙 カバー レイアウト
12 3 2 3 1 3
写真プリント・フォトブックならPRIMII-プリミィ-

写真プリント・フォトブックならPRIMII-プリミィ-

Libra Plus Co.無料posted withアプリーチ

サイズは「A6」「A5」の2種類。

表紙デザインが多数あり、本文も「1ページに写真4枚まで配置が可能」で自由度は高いです。

「プリミィ」の特徴
  • 月額料金制で月に1冊無料(別途送料)
  • 表紙デザインが多い
  • 本文レイアウトも多彩
『プリミィ』の概要
会社所在地 東京都中央区新川1-26-9
商品価格
(写真印刷23P)
月額330円で、A6/A5のフォトブックが月一冊無料(送料別)
送料
  • 110円
納期 注文より1~2週間程度で発送
発送から3~7日程度で到着
ページ数
  • 23P
上位商品
  • ハードカバー

『プリミィ』の本の作り

カバーがないのでそこまで上質感はありませんが、しっかり製本されています。

『プリミィ』の印刷品質

primii・プリミィ・フォトブック
印刷 評価
  • 印刷品質 3
  • 明るさ 3
  • 色 2

明るさ、色味、ともに標準的かな。けっこう良いと思います。

『プリミィ』の表紙デザイン

たくさんの表紙デザインが用意されています。

毎月更新されるとのことなので、季節的なイベントとかにも強いです。

『プリミィ』のレイアウト

「1ページの写真配置数」は1~4枚。

用意されているレイアウトから、好みのものを選べます。

『プリミィ』のアプリ

動作安定性、操作性ともに優れていて、まったく問題ないアプリです。

『プリミィ』のまとめ

プリミィ』のフォトブックは表紙デザインやレイアウトも豊富で、自分好みの編集をしやすい商品です。

豊富月額制のサービスなので入会すると毎月料金が発生しますので、単体購入の商品とはシステムが違います。

写真プリント・フォトブックならPRIMII-プリミィ-

写真プリント・フォトブックならPRIMII-プリミィ-

Libra Plus Co.無料posted withアプリーチ

プリミィ【正直レビュー】長所短所を紹介・フォトブック・写真・Primii 『プリミィ Primii』でスマホから、フォトブックと写真プリントを作成したのでレビューします。 この記事では長所だけでは...

スマホ「500以下のフォトブック」
サイズごと価格一覧

サイズごとに、各商品の価格一覧表を載せておきます。

価格による「印刷・質感」の差は大きい

一覧表の前に、大事なことを一つ。

今回紹介するのは「500円以下」の商品です。この価格帯の商品は、材料費をシビアに切り詰めて作られています。

ですから、購入総額で220円の商品と500円の商品では、質感や印刷品質の差がけっこうあるのです。

低価格商品は、それ以外の商品とは少し違うカテゴリーの商品です。

「低価格商品」は「低価格・手軽さ重視」という商品で、本の質感も軽量級で表紙も白背景のみとシンプルです。

ギリギリまで材料費を切り詰めるとだいたい商品の仕様も同じになってくるようで、低価格商品の質感や印刷品質はかなり似ています。

手軽さ重視なので、見方によっては少し安物っぽく見える場合もあるかもしれません。

ある程度しっかりしたフォトブックが欲しい人は、上の価格帯の商品(しまうま・TOLOT・Mage+・プリミィ)を選んでください。

サイズごと価格一覧表

「購入総額」とは、「本体価格」に「送料」を足した額。

「1Pあたりの価格」とは、(「本体価格」+「送料」)÷「写真印刷ページ数」のことです。

「A6」価格一覧表

『A6 サイズ』1冊購入価格(すべて税込)
(●は月1冊までの価格)
購入総額 本体価格
(送料)
印刷
P数
1Pあたりの
価格
デジプリ
らくらく
220円 110円
110円
24 9.1円
デジプリ
よくばり
319円 209円
110円
24 13.2円
しまうまプリント
フォトブック
ライト
328円 198円
130円
22 16.2円
●プリミィ 440円 月額330円
110円
23 19.1円
TOLOT 500円 500円
0
62 8円

「デジプリ」の「らくらく」「よくばり」は編集機能は違いますが、本の材質や印刷はどちらも同じものです。

「148mmスクエア」価格一覧表

厳密にはサイズは商品により違い、「140~150mm」のスクエアです。

148mmスクエア 1冊購入価格(すべて税込)(●は月1冊までの価格)
商品名 1冊購入価格 本体価格
(送料)
印刷
P数
1Pあたり
の価格
●nohana 275円 0
275円
20 13.7円
●dフォト 308円 月額308円
0
20 15.4円
デジプリ
らくらく
330円 220円
110円
24 13.7円
しまうまプリント
フォトブック
ライト
428円 298円
130円
22 19.4円
デジプリ
よくばり
429円 319円
110円
24 17.8円
Mage+ 500円 500円
0
32 15.6円

「デジプリ」の「らくらく」「よくばり」は編集機能は違いますが、本の材質や印刷はどちらも同じものです。

「A5」価格一覧表

『A5』商品の詳細 1冊購入価格(すべて税込)(●は月1冊までの価格)
商品名 1冊の購入価格
(送料・税込)
本体価格
(送料)
印刷
ページ数
1Pあたり
の価格
●プリミィ
(月額料金制)
440円 月額330円
110円
23 19円
デジプリ
らくらくコース
440円 330円
110円
24 18.3円
デジプリ
よくばり
539円 429円
110円
24 22.4円
しまうま
プリントフォトブック
ライト
628円 498円
130円
22 28.5円
TOLOT
B6サイズ
500円 500円 22 22.7円

「デジプリ」の「らくらく」「よくばり」は編集機能は違いますが、本の材質や印刷はどちらも同じものです。

ランキング5位以下のスマホ フォトブック

ランキング5位 / 6位タイ『デジプリ・フォトブック』

デジプリ・フォトブック』はシンプルに作る「らくらくコース」と、デザイン・レイアウト自由度の高い「よくばりコース」で価格が違います。

どちらとも、材質や印刷品質はまったく同じです。

『デジプリ・フォトブック』の得点
合計点 印刷 明るさ/色 表紙 カバー レイアウト
よくばり
11
1 3 3 1 3
らくらく
7
1 3 1 1 1
デジプリ フォトブック - Digipri 写真アルバム作成

デジプリ フォトブック – Digipri 写真アルバム作成

PLAZA CREATE CO.,LTD.無料posted withアプリーチ

フォトブックの中でもトップレベルの低価格で、手軽に作れるのが魅力。

「デジプリ・フォトブック」の特徴
  • 2つのコースを選べる
  • 「らくらく」はとにかく低価格
  • サイズが豊富
  • 「よくばり」は表紙デザイン・レイアウトの自由度が高い
『デジプリ・フォトブック』の概要
会社所在地 東京都中央区晴海一丁目8番10号
500円以下
商品価格
24ページ
  • A6タテ
    らくらく 110円
    よくばり 209円
  • A5スクエア (150×150mm)
    らくらく 220円
    よくばり 319円
  • A5タテ
    らくらく 330円
    よくばり 429円
送料
  • メール便 110円
納期 注文から一週間程度で発送。
ページ数 最大120ページ
上位商品 同材質A4スクエアサイズ

『デジプリ・フォトブック』の本の作り

カバーがないのであまり高級感はありませんが、しっかり製本されています。

製本はノリ付けの無線綴じ。

『デジプリ・フォトブック』の印刷品質

印刷 評価
  • 印刷品質 1
  • 明るさ 3
  • 色 3

明るめの設定で色もほんのり赤め。人物には良いと思う。

近くで見ると若干粗さがありますが、価格から考えると十分な品質でしょう。

『デジプリ・フォトブック』の表紙デザイン

「らくらく」は、白かブラウンの単色背景のみ。

「よくばり」では、用意されているデザインから選ぶことができます。

『デジプリ・フォトブック』のレイアウト

「らくらく」では、「1ページ写真1枚の配置」のみ。フレームは縦、横、正方形から選べます。

「よくばり」では、「1ページに1~6枚の写真配置」が可能。背景の色も変更できます。

『デジプリ・フォトブック』のまとめ

とにかく価格の安い商品です。

安く作りたいときは「らくらくコース」でシンプルに。

デザインに凝りたいときには「よくばりコース」にすれば、デザイン表紙や本文の編集の自由度も高くなりますので、選択肢の広い商品と言えるでしょう。

デジプリ フォトブック - Digipri 写真アルバム作成

デジプリ フォトブック – Digipri 写真アルバム作成

PLAZA CREATE CO.,LTD.無料posted withアプリーチ

【Digipri】フォトブック・正直レビュー!長所短所を紹介・デジプリ アプリ『Digipri(デジプリ)』で、スマホからフォトブックを作成したのでレビューします。 この記事では長所だけではなく...

ランキング6位タイ『nohana』

nohana』は、ひと月に1冊のフォトブックが無料でもらえるサービス。

ただし送料が275円かかりますので、実質は「1冊275円で購入できる」ということです。

『nohana』の得点
合計点 印刷 明るさ/色 表紙 カバー レイアウト
7 1 2 2 1 1
ノハナ フォトブック印刷・成長記録アプリ

ノハナ フォトブック印刷・成長記録アプリ

nohana, Inc.無料posted withアプリーチ

フォトブックは「140mmスクエア」で、材質・デザインともにシンプルな作り。

「nohana」の特徴
  • 月に1冊無料(送料はかかる)
  • 表紙、レイアウトはシンプル
  • 表紙デザインは有料
『nohana』の概要
会社所在地 東京都渋谷区渋谷3-3-5
商品価格 140mmスクエア 月1冊無料
(写真印刷20P)
送料 275円
納期 2週間程度
ページ数 本文写真印刷20ページ
上位商品
  • 高画質オプション
  • ハードカバー

『nohana』の本の作り

カバーがなくページ数も少ないので、厚みや重量感はありません。

『nohana』の印刷品質

印刷 評価
  • 印刷品質 1
  • 明るさ 2
  • 色 3

印刷はこの価格としては、がんばっているのではないでしょうか。

もう少し明るめのほうが見栄えはすると思う。

『nohana』の表紙デザイン

表紙デザインは、基本は白背景。

110円の追加料金で、デザインされたものに変更することができます。

『nohana』のレイアウト

写真配置は1ページ1枚のみ。レイアウトは、縦か横の2種類。

製本はしっかりとされています。

『nohana』のまとめ

月に一冊のフォトブックを、275円で作成できる『nohana』。

月額料金制ではないので、作成しない月は料金は発生しません。

好きなときに低価格で、気軽に購入できるフォトブックです。

ノハナ フォトブック印刷・成長記録アプリ

ノハナ フォトブック印刷・成長記録アプリ

nohana, Inc.無料posted withアプリーチ

【ノハナ】正直レビュー!長所短所を紹介・全商品購入・感想口コミ評判も!(nohana) 『nohana(ノハナ)』のフォトブックを制作したのでレビューします。 『nohana』はスマホアプリ(iphone・Andr...

ランキング7位『dフォト』

dフォト』は「docomo」の運営するサービス。

「月額308円(税込)」で、

  • フォトブック1冊
  • 写真プリント30枚
  • こよみフォト(プリント20枚分の権利で選択可能)

のどれか一つを月一回無料でもらえます。(送料も月一回まで無料)

上記3つの「プリントサービス」は、「ドコモ」のスマホ回線を契約していない人でも利用することが可能です。(dアカウントの取得が必要)

『dフォト』の得点
合計点 印刷 明るさ/色 表紙 カバー レイアウト
6 1 2 1 1 1

フォトブックは145mmスクエアで、「1ページに写真1枚」のシンプルな仕様。

「dフォト」の特徴
  • 「docomo」のフォトブック
  • 月額料金制(毎月料金が発生)
  • 月に1冊無料(送料も月一回無料)
  • docomo契約者でなくても買える
  • 表紙は白背景
  • 本文は1ページに1枚の写真配置
dフォト

dフォト

株式会社NTTドコモ無料posted withアプリーチ

『dフォト』の概要
会社所在地 東京都千代田区永田町二丁目11番1号
商品価格
  • 月額使用料 308円
  • フォトブック1冊が月一回無料

145×145mm
本文写真印刷20ページ
ひと月に2冊目以降は418円

送料
  • 月に1回注文分まで無料
    月に2回目以降は「送料1回107円」
納期 通常約10日程度
(繁忙期は2週間程度)
ページ数 本文写真印刷20ページ
上位商品
  • 高画質
  • ハードカバー

『dフォト』の本の作り

カバーがなく本が薄いので、そんなに高級感はありません。

『dフォト』の印刷品質

印刷 評価
  • 印刷品質 1
  • 明るさ 3
  • 色 2

明るさはちょうどよい感じ。少しざらついた感じはするが、よくまとまっていると思う。

『dフォト』の表紙デザイン

白の単色背景のみです。

『dフォト』のレイアウト

本文レイアウトは、縦か横の2種類。

『dフォト』のまとめ

docomoユーザーなら、dフォトの料金を月々の携帯電話料金と一緒に支払える「電話料金合算払い」も選択可能で便利。

dフォト』は一度入会すると毎月料金が発生するので、定期的に作成を続けたい人向きです。

dフォト

dフォト

株式会社NTTドコモ無料posted withアプリーチ

ドコモ【dフォト】正直レビュー・ライバル比較も・4年使用・長所短所を紹介・全商品試した!docomo 『dフォト』はスマホから「フォトブック・写真プリント・こよみフォト」を発注できるdocomoのサービス。商品を一通り利用したのでガッ...

「スマホ フォトブックおすすめ」まとめ

今回は「スマホから作るフォトブック」で「500円以下のおすすめの商品」を紹介しました。

どれか一つの商品に決めるのには、商品によってどんな個性があるのかを知り、自分が「何を求めるのか」をはっきりさせることが重要でしょう。

今回の記事で、その選択のお手伝いができたのであれば幸いです。

スマホ【ネットプリント】アプリ19種類を比較!おすすめはコレだ!スマホで注文できるネットプリント19社を購入。画質・価格・アプリなどを比較してランキング化。おすすめのスマホネットプリントを紹介します。...